腰痛でお困りなら名古屋市の整体院 嵩-TAKAI-

ブログ

2020/02/12(水)

分離すべり症?間違った診断されてない?

カテゴリー:院長ブログ

 

こんにちは!

名東区で「唯一」の慢性腰痛専門整体院 嵩-TAKAI-

院長の上橋 誠一郎です。

今日はすべり症についてお話していきます。

またすべり症と言われて悩んでいる方も多くいらっしゃいますね。

この腰椎分離すべり症はレントゲンで見る限り酷いとかなり滑って見えますから

狭窄症や、ヘルニアよりもショックが大きいのでは無いでしょうか。

しかしこれもすぐに諦めてはいけません。

過去のブログでもお伝えしてますが、腰痛の原因を一つにして欲しくないんですね。

私が行える施術は基本的に筋・骨格系の症状です。

なのでもちろん本当に骨が滑った事による痛みであれば私は無理に改善を約束しません。

ただ検査してみて筋肉の緊張感を弛緩させて痛みが軽減するようであれば、

まだ望みがあります。

繰り返しますが、

本当に骨からの痛みであれば、私は施術しません。

ただ少しでも筋・骨格の影響があれば、それは骨が滑っていると言う事実があったとしても原因は筋肉にもあると言う事です。

だからまだ希望を捨てないで欲しいのです。

こんな事本当に苦しんでる人に簡単に言っては行けない言葉だとは思います。

あちこち行っては良いこと言われて施術は結果出ない。

お金と時間を奪われてしまった方に簡単に「諦めるな」

なんて怒られますよね。。。

それでも諦めて欲しく無いのです。

それは自分の目で見て確かめ無いと事実は分からないからです。

分離すべり症でもやはり根源はなぜ分離症になってしまったのか。

です。

たとえ筋肉の痛みによる腰痛だったとしても何故そうなってしまったのかを紐解いて行かないとまた痛くなりますよね。

どの腰痛もそうですが、痛みが取れておしまい

じゃないんです。、

痛みが取れて、じゃあ痛みが出ないような正しいカラダの使い方まで覚えないと

戻りの原因にもなりますからね。

じゃあなぜすべり症になってしまうのか

ですが

例えばすべり症になりやすい姿勢があったりします。

基本的に腰の骨は軽く反っていてS字状になっていますよね

でも滑り症などになりやすい人はこの腰の反りが強くなってしまってます。

その為、そり過ぎた腰骨はS状を保てなくなり滑って来るのです。

厳密に言うとある筋肉が腰骨を引っ張り反り腰になってしまう。

なので事実レントゲンにてすべり症だと判断出来ても

筋肉の緊張感により骨が引っ張られ反り腰になっている方も多くいらっしゃるんですね

簡単に諦めるな!とは言いたくないですが

筋肉による痛みのケースも十部ありますのでその事実を明らかにする為にも

是非一度ご相談ください。

あなたの人生の良いキッカケになれば幸いです。

 

まだ諦めないでください!!

ぎっくり腰

ヘルニア

すべり症

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

慢性腰痛

 

無料相談はこちら

→090-1755-6904

(※留守電につながる事がありますが、今日中に連絡折返しますのでお名前と相談内容を残してください。)

初回お試しキャンペーン

 

整体院 嵩-TAKAI-

上橋誠一郎

愛知県名古屋市名東区一社2-170グランメール一社106号

地下鉄東山線一社駅から徒歩3分!!

 

 

 

 

 

通常初回施術費15000円のところ

初回限定特別価格980円

2月22日(土)まで6名様限定割引 → 残り1名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

090-1755-6904

【受付時間】9時~22時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時~22時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。